経営・ビジネス

アイデア発想の技術

こんにちは、松本忠季です。

「ヒット商品を生み出したい」「売れるサービスを展開したい」組織で働く人であれば、誰もが考えることですが、具体的にどうしたらいいかわかりません。

その答えは「発想」にあります。新しい発想ができれば、新しい顧客を創造できるからです。

そこで今日は、発想の手がかりとなる「術」について、レクチャーします。

省いてみる

私たちは、新しいアイデアを考えるとき、「くっつけたり」「足したり」「応用したり」と、何か“付加”しようとします。しかし、あまりに付加していくと、何が“売り”なのかわからなくなります。

そこで、おすすめの発想法が「省いてみる」です。「省いてみる」とは、既存から「省けるものはないか」と考えることです。

好例は、ダイソンの「羽根のない扇風機」です。「扇風機は羽根があるもの」という固定概念を崩し、見事ヒット商品となりました。

なければならないと思いこんでいるものほど、省いてみることでイノベーションが生まれるのです。

“アンチ同士”を組み合わせる

アイデア発想のヒントは、“タブー”にあります。タブーとは“対極”のことで、対極と対極を組み合わせることで、新しいものが生まれます。

対極と言えば、「男」と「女」、「高い」と「低い」などがあります。

「女性向けのものを、男性向けにスイッチしてみる」→男性向けスイーツ

「高いものを低く提供する」→俺のイタリアン

このように既存ではタブーとされているものを、あえて崩してみることで、新しい視点のアイデアが生まれるのです。

欠点探しをする

みなさんは、お店のサービスや商品に不満を持ったことはありませんか?実はここに発想のヒントがあります。

そのヒントとは、「不満」です。「もっとこうした方がいい」「こうなればいいのに」と不満の種は、改善のヒントとなるからです。

不満とは「欠点」のことで、アイデアの欠点探しをすることで、新しいアイデアを発想することができます。

これは「欠点列挙法」とも呼ばれ、アイデアを生み出すフレームワークとして有名です。

  • 「価格が高い」のが欠点であれば、「原価を下げることはできないか」と発想できます。
  • 「大きすぎる」のが欠点であれば、「コンパクトにできないか」と発想できます。
  • 「消耗が激しい」のが欠点であれば、「もっとエコにならないか」と発想できます。

このように、「欠点」から考えることで、改善点や新たな視点が浮き彫りとなるのです。

 

まとめ

アイデア発想のヒントは、「既存」にあります。既存、固定概念、定番、オーソドックスなど、私たちは「こうでなければならない」ことに囲まれています。

この「既存」をいかに壊し別の角度でスポットを当てる必要があるのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

https://educwork.com/2018/10/30/%e3%80%90%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e3%80%91%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%82%92%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%ab%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%99%e3%82%8b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83/

https://educwork.com/2018/10/28/%e3%81%aa%e3%81%9c%e7%b6%99%e7%b6%9a%e7%9a%84%e3%81%ab%e9%9b%86%e5%ae%a2%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%80%82%e9%a1%a7%e5%ae%a2%e3%82%92%e7%94%a3%e3%81%bf%e5%87%ba%e3%81%99%e3%82%b3/